kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

我がまま

最近のけいの我がままぶりは目にあまる!
私しか居ない時は比較的大人しくしているんやけど
旦那が帰って来ると、甘えたい、遊びたい、そばに居たいと我がままのオンパレード!
しかも次男が気にいらないらしく、次男を見つけるとギャーギャーと特大の声でわめきだす!
食事もそこそこにけいをケージから出す。
けいに振り回されっぱなし。
この状況って良いのか悪いのか・・・。
血糖値が高いので精神的にイライラするみたいだし・・・。
その他色んな事をふまえても少し我慢をする事を覚えなくてはね。
自分の思い通りにならないと武蔵や、ななりょうに八つ当たりするし・・・。
これからぼちぼちと共同生活の約束事を仕込まなくては。
ま、短期間で私達の生活に慣れようとしくれているのでせめてもう少し体調が良くなるまで大目に見ようかね・・・とも思う。
あ~、揺れ動く優柔不断な私の気持ち・・・。




20060117200407.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

日々の健康

お疲れ様でした~!
掃除しましたよ。
やっぱり結露がすごいので除湿機を購入しようと思ってます。
お猿の部屋とキッチンが隣同士なので夜は閉め切ってキッチンだけを除湿します。
加湿したり除湿したり忙しいです。
午前中だけでも窓を開け放しておくとカラッとするんだけどね。
お猿達の部屋はできないし、私も寒い~。


けいが糖尿病だとわかってからお猿必須アイテムがひとつ増えました。
けいには絶対に必要なものだけど、お猿を飼育されている方に是非お勧めしたいと思います。
‘尿スティック’
尿検査試験紙と言うものです。
人間用なんですけどね。
色んな会社からでてるみたいです。
検査項目も一種類、二種類、四種類、七種類、etcと選べます。
猿は血液を採取する事が難しいので、日を決めて尿検査する事で体調をある程度知る事が出来ると思います。
また病気を早期発見できたり。
慢性的な病気ならこの項目の数値が上がってきたから症状が出てくるなぁ、早めに薬飲まそう。と予防もできると思います。
項目は
ビリルビン、ウロビリノーゲン、蛋白質、ケトン体、ブドウ糖、pH、潜血などです。
けいの場合は尿糖とケトンを重視して見ています。
膀胱炎にもよく罹ります。
よく観察しなければわからないのですが、尿試験紙検査すると潜血の項目の数値があがってきます。
phの数値もあがります。
phの数値は普段から高い人もるのでこれはけいの場合です。
こんな風にその子の健康様態がわかったり、予測がたてられます。
しかしこの検査は血液検査ほどの正確性はないみたいです。
またあまりこの数字に神経質になる必要もないと思います。
あくまでもひとつの目安として、体調を把握できる程度のものとして私は使っています。

みなさんも一度使われてはいかがでしょうか?


20060122112514.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

結露

今の季節24時間暖房が入ってます・・・。
なので!
結露の為部屋が湿っぽい、湿っぽすぎます!
今よりちょいと大掃除に嫌やけど取り掛かります・・・。

去年まではそんなに感じなかったんやけどなぁ。
やっぱり今年は寒いんやなぁ~。

いざ!出動!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

再会

あーーーー!!
思いっきりふとん干したい!
シーツもパリッパリッになるぐらい乾かしたいよーーーー!


詳しい事は記憶がうすれてるんだけど。
日本の話だったか外国の話だったかも定かじゃない話。
一頭の像。
人間の世界で生活をするようになった像。
色々な場所を転々とし、年月も何十年と流れていきました。
その像が生活している所に、ある日一頭の像がやってきました。
鎖の音をジャラジャラとならしながらその像に近づいてきます。
お互いの距離が、顔を確認できるほどになった時
二頭の像は、鼻を高々とあげ、歓喜の声でなきはじめました。
その硬い像の頬には涙の跡も見られます。

二頭の像のルーツを調べるとその二頭は姉妹だったのです。
この国に来てすぐに離れ離れにされていました。
あれから、もう何十年もたっています。
忘れていなかったんですね・・・。
お互いに忘れられなかった、大切な存在だったのかもしれません。
像は家族愛がとても強い動物だそうです。



そう言えば、全然関係ないけど
今日旦那に、「お前、盗み食いしてるやろ?」
と言われた。
「・・・えっ、ばれた? ちゃうちゃう、してないよ!ええ年してそんなんせ~へんよ! それって万引きの事?」
「違う、俺の見てないとこでなんか食べてるやろ?」
「えっ、何それ、食べてるよ。お昼も食べるし、おやつも食べるし」
「それを盗み食い言うねん(笑)」
えーーーーーーっ!
私のお昼もおやつも盗み食いやったんですかーーーーー!
必要飲食物とみなしていただけないんでしょうかーーーー!

こいつ私の事バカにしてるな・・・。
と言うわけで今日の盗み食いはマクドのえびかつバーガーセットでした。
共犯としてお猿達にシャカシャカサラダを購入しました





20060125195444.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

けいの闘病日記 1

お寒うございます~。
今日銀行で、自分の暗証番号を大きな声で発表しているおばあちゃんがいました。
行員さんみんなで「あーーーー!」と叫んでました・・・。
私、別に知ったところでなんの利益もないのですが何故かニヤッ。


けいにインシュリンを打つようになってからもうすぐ1ヶ月。
最近は慣れてきてちょちょいのちょいよ!
てなわけには当然いかない・・・。
旦那が抱っこして私が打つ。
このパターンはやっぱりある程度押さえるので自由がきかなくなる。
注射が痛いのではなくこの自由がきかなくなる事が恐怖心をあおっているのでは・・・・。
私も旦那も超びびりながら針を刺してみたけど痛みはあまり感じない。
旦那なんかなんも感じへんわ~、と打つ前のあの泣きそうな顔とは別人のように何故か勝ち誇った顔・・。
でも痛点を刺したら痛みはあるはず。
と、今まで遊んでるふりしてなんとか注射に持ち込んでいた。
しか~し、やっぱり打てなくなってきた。
ここ2、3日打てたり打てなかったりで二人ともかなりの落ち込み。
今朝もダメモトでケージから出す。
20分ぐらいして今日もあかんな~、仕方ないけいと遊ぼう!
けいを赤ちゃんみたいに抱っこして横にふり私の得意技の‘ええ加減な子守唄’つうのがあるんやけどこれを歌ってあやすとすごく喜ぶ。
私の親指を甘噛みしながらうっとりする。
暫くして下に下ろすと私の膝に手を置きじっとしている。
針にキャップをつけたまま打つまねをしていると嫌そうな反応なし。
って事で注射しました・・・。
全然痛がらないし、逃げない。
あら?
あれ?
あの~~~~~!
こんなのでいいんですか?
これでええのんですか?

あっけなく打ててしまいました・・・。
その後私は歓喜の踊りを舞いました。

このパターンで少しの間はいけるかな!?

こうやったら打てるという確立されたものがないから毎日毎日ドキドキもん。
それでも注射する事を受け入れてくれているけいに感謝をしている。
旦那は毎日けいに話しかけている。
「けいはええ子やな。えらいなぁ。注射は痛いけど、これを打たんと死んでしまうからな。頑張ろうな。」
そして夜寝るときはケージの横にふとんを敷き寝付くまで手をにぎっている。
けい、もう寝たかな? そおっと手を引くと、ギュッと手をひっぱるそうだ。


なんや!
二人、ラブラブやなぁ~。


注意書き
もし、けいのように注射をしなければいけないお猿さんを飼育しておられる方。
この注射の打ち方はけいにだけ通用するやり方です。
個体差がありますので決して同じやり方はしないで下さいね。
参考までにして下さい。








seiryu019a.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

記憶

あーーーーーーー!
びくりした・・、びっくりした!
昨日余計な事をしてるうちにIDとパスワードを消してしまい、おまけにIDを忘れてしまいブログ閉鎖に追い込まれていた!

ま~、なんとか入れるようになり今日の日記を書いております~。
パンばっかり食べてるからパンの祟りかも知れん・・・。

ご迷惑おかけした方が約2名と4匹おります。
この場をおかりしお詫び申しあげます~。


さて、人間の脳の解明も未知の世界だけど、動物はどうだろう?

人間にもっとも近いと言われているチンパンジー。
あるチンパンジーは捕獲された時に目の前で母親を殺された。
彼女は売られている所を保護されて療養施設に入った。
回りには同じくらいの子供たちや少し大きな子達や乱暴な大人、優しい大人と色々いる。
みんなそれぞれ心に傷を持って生活をしている。
ジャングルに帰るべく体のリハビリと心のリハビリをしている。
しかし、彼女は何歳になっても心を開かない・・・。
回りのチンパンジーは一匹、また一匹と保護されているジャングルに帰って行く。
体を丸め、遠くを見つめ、じっとしている。
仲のいい飼育員さんがそっと寄り添い慰める・・・。
彼女は自分の世界の中から出て来ようとはしない。
他のチンパンジーとも触れ合わずいつも一人で。

真実というのは言葉で語られるのではなくその人(動物)の心の叫びを感じとる事で知るものじゃないかな・・。

このチンパンジーを捕獲した人と、このチンパンジー。
どっちが人としての脳を持っているんだろうか・・・。

実は私、来世は人間の脳をした虫に生まれ変わりスリル満点な人生?虫生を送りたいと思っています♪
私に似てる虫を発見した場合は踏みつけずにそっと、パンをあげてやって下さい






別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

気持ちの切り替え

食パン5枚切りを一枚食べまして、もう一枚食べようかどうしようかと迷っています。
お昼ごはんを抜くということ事でこれを書き終えてから、一枚食べると言うのはどうでしょうか?


犬、猫はペットとしての歴史も長く、先祖代々からの信頼関係もある程度ありますよね。
猿ってゼロからの出発ではなくマイナスから私達人間と関わらなくてはいけない。
ギャーギャーと逃げ惑う中を時にはおかあちゃんを殺され。
その凄惨な現場を見て捕獲され、何匹もの仲間が死んでいくのを見ながら日本に到着する。
そしてペットショップで売られ飼い主のもとにたどり着く。

これって、思いっきり敵やん!!!
そりゃ、耳噛む、唇噛む、頚動脈噛む、鼻噛んでぶら下がるわ!
馴れるわけないよな・・・。

猿は馴れればかわいい。
確かに馴れてはくれるけど、猿飼育を初めて今まで私って信頼されてるなんて思ったことはない・・・。
常に疑いのアンテナをビンビンと張っている。
大口を開けてじゃれあってても、目でここまでのふれあいは許すけどここからは別口やで、もっと信頼関係築かんとゆるしたれへんよ。
と合図を送ってくる・・。

日々努力・・。
努力の積み重ね・・・。
信頼関係・・・。

あ~、しんど!
毎日毎日、やってられへんわ!

と思ったその時に、私の膝の上にすっと来て背中を向けて毛づくろいをしてくれと言った武蔵君。

ここまで来るのに、2年かかりました・・・。
私の膝の上で寝転び長い時間じっとして。

ううっ・・・泣けてくる・・・。
これからも日々精進させていただきます。
と強く心に誓う私でした。

それやのに!!
けいには2日で心を許してたやんか!
やっぱり私よりフサオマキがいいのね!!
ううっ、くやしい・・。
訴えてやる


人間の手ってお猿達にはどう映っているんだろう?
悪の手?
痛みの手?
恐れの手?

少しでも、一瞬でもいいから癒しの手には見えないだろうか?












200601161747000.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

仲良し?

武蔵とけいは仲良しでケージから出て遊ぶ時はいつもたのしそうに遊んでいる。

はたして、ほんまにそうかな?

と言うのは、最近武蔵の顔が赤く腫れてるみたい。
けいは顔がほっそりしていてお肉があんまりついていない。
武蔵は顔が四角くて目の上やほっぺたにお肉がおいしそうについている。

!!!今、日記書いてて思いついた!
けいは多飲、多食、多尿と三拍子そろってる・・。
もしかしてけいは武蔵を食べようとしてるのかも!

確かにおいしそうや・・。
けどちょっと厳つい顔してるぞ・・。
けいは恐くないのか!
あかん、これはセクハラや!
武蔵ごめん・・。
遊んでいるのを観察してると、武蔵はいつもやられてる・・。
いつも追いかけられてる・・。
でもちょっかいかけに行ってるのは武蔵や・・。
しかも武蔵は毛づくろいが上手い。
けいは大変大雑把で下手くそだ・・。
武蔵が毛づくろいしている時はけいは寝そうになるのに
けいが毛づくろいしている時は武蔵、眉間にしわ寄せてピクッ、ピクッと体が震える・・・。


これは絶対、関西お猿組フサオマキザル大闘争!
なるものが勃発するはずや!


すでに、昨夜小競り合いがありました・・。
お調子者のけいは喧嘩になるとすぐ旦那に近づき見方になってもらおうという作戦。
正直者の武蔵は一人で戦うべくけいに威嚇をするのですが、旦那の横にいてるけいにしたはずが、旦那に威嚇をしたと間違えられ「誰に威嚇しとるんじゃ~~~!」とお叱りをうけました・・・。
はい・・、武蔵君しゅんたろうです。
しかし、それをず~っと見てた私に、「誰を怒ってるねん!怒るんやったら喧嘩両成敗や!」と旦那は怒られていました。

めでたしめでたし。







武蔵は毛づくろいの名人


別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

副作用のない薬

お寒うございます~。
今日の晩御飯はおでんといたしました。
この冬始めてかも。
お猿達の晩御飯も温野菜にしよう。

タイトルの副作用のない薬とは
愛媛県にある動物園の飼育員さんのお言葉です。
難しいと言われている白熊の人口飼育を成功させた方です。
色んな難関はあったもののスクスク育った白熊ピースは体も大きくなり
今まで一緒に遊んでいた飼育員さんとは檻越しにしか遊ぶ事しかできなくなりました。
野生動物を飼育する限界なのか、野生動物なのに人間界に馴れすぎてしまったことによるギャップなのか。
ピースは飼育員さんの姿が長い間見えなくなると、ストレスを感じてしまい脳性だと思われる痙攣をたびたびおこすようになりました。
飼育員さんは動物園を休む事なく仕事の合間に出来るだけピースのところに顔を見せるように努力しました。
ある時、プールで泳いでいる時に痙攣がおこり、急いで檻に入りピースを助けた事もありました。
今もピースは元気で6歳の誕生日を迎えたそうです。

自分がこうしたほうがいいだろうと思うことは本当にその動物にとっていいことなのか。
本当にその子がそう願っているのかどうかを考えなければいけない。
それを考えなくてはただの人間のエゴになる。
ピースは今薬を飲まなければいけない状態だけど、私はその薬のひとつ
、副作用のない薬です。

そう、愛情と言う薬。
どんなに医療が発展してもこの薬は作れないよね。
ピース頑張れ!

http://www.tobezoo.com/shiiku/peace/index.htm

ここで見れるよ。




別窓 | 思うことあり | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

盲目のリスザル

ある動物園で盲目のリスザルが生まれたらしい。
名前はワンダー。
精一杯生きた彼女は5ヶ月と言う短い命をまっとうした。


他の同じぐらいの月齢の子より体は小さく、いつも飼育員の手首あたりにしがみ付いていたらしい。

なんだかとっても考えてしまった・・・。
動物の幸せってなんだろう?

私がけいに行っているインシュリン注射はけいにとって
痛みを伴う苦痛の他なにものでもないだろう。
いくらこれを打てば生きていられるよ!
体が楽になるよ!
と言ったところで悲しいけどけいには伝わらない。
時にはフーフーと小さな声で泣いたり、ギャギャギャーと痛そうに泣く時もある。
それを旦那とうまくあやしながら心を鬼にして針を刺す。
打った後には嬉しそうに大きな口を開けて遊ぼうと体いっぱいで私達に飛び込んでくる。
怒るわけでもなく、嫌だとアピールするわけでもなく、私達を恐れることもなく。


大きな森を駆け抜ける事も出来るわけではないけいを
苦痛と共に生きながらえさせるのは、私のエゴではないか?
いつまでも一緒に暮らしたいと思う。
けいはどう思っているんだろう?

まだまだ答えはずっと先に・・・・。
いや、あるのだろうか?



あーーーーーーーーっ!

ドラエモンの翻訳こんにゃくがほしいーーーーー!



別窓 | 思うことあり | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨

出会い

私はお猿達とそれぞれの出会い方をしています。
リスザル達の過去はわからないけれど、フサオマキの武蔵とけいの過去は知る事ができました。
知る事が良い事なのかどうかは分からないけど。
幸せな過去なら10歳近くになって私の手元にくるわけないし。

けいは去年の9月に私達の元に里子としてやって来ました。
早速検査に行くと重度の糖尿病だとわかる。

獣医「糖がおりてる。600オーバーで700は超えてる。・・機械で   は計りきれない程の高血糖や。」
私 「へ?・・・・、どないしたらええの?」
獣医「食事療法で治さんと、まさか猿にインシュリン打てんやろ?」
私 「ふんふん。そりゃ無理やわな。????」


人間ならどうやって治すんやろ?
血糖値が高いとどうなるんやろ?
このまま治らんかったらどうなるんやろ?
車の後ろにけいを乗せてそんなことを色々考えながら
何が何やら分からないまま、頭の上に?をいっぱいつけて帰ってきました。
これからが私の涙と汗と白髪続発の怒涛の飼育が始まるのでした。

ってなんか、めっちゃ格好ええ感じやわ~。

早い話、けいは糖尿病で、インシュリン治療をしています。
一度と言わず何度も諦めたインシュリンでしたが、その都度お猿仲間に、そして今回ブログを立ち上げようと思ったきっかけになった糖尿病の方達の励ましや暖かいお言葉でまだまだ初心者ですが治療を始める事ができました。
そして何より感じたことが、とても明るい!
みなさん、とにかく明るい!
私にはけいが糖尿病だとわかってから明るさ、余裕というものが全然無くなっていたんですよね。
最初は、人間っていいなぁ~、インシュリン打てて・・・。
この薬さえ打てればけいの命助かるのに・・・。
と、自分勝手な思いで、何か得るものはないかと隠れながらブログに遊びに行かせて頂いていました。
何日か何回となくブログにお邪魔しているうちに、けいにもやれるんじゃないかな?と思うようになりました。
私のずっと後ろ向きだった気持ちが少しづつ前向きになってきていたんです。
治療をしようと思えば障害に阻まれ、そんな事が幾度となく続いてるうちに猿にインシュリンなんか無理だと言うことが私の中に刷り込まれていたんですね。
いつまで打てるかは分かりませんが、出来るだけ長い間打てるようにやっていきたいと思っています。
今までお世話になった方、気に留めてくださった方にけいの生きている今を見ていただきたくてブログを開設しました。
そして、我が家のお猿達も見てやって下さい。













別窓 | お猿達 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

我が家族

自称小さな巨人です。の旦那。
自称マダムチックな私。
今年20歳、つい最近成人式を迎え羽織袴のバカ殿をご披露の長男。
クリームシチューの上田に憧れる13歳中1のクールクールパー、失礼・・、クールな次男。
噛む事命のお転婆リスザルなな。(♀)
お目目三角、お耳パタパタのリスザルりょう。(♂)
几帳面で曲がったこと大嫌いフサオマキザル武蔵。(♂)
甘えん坊、寂しがりやで自己アピールしまくりのフサオマキザルけい。(♂)

はっきり言って大変です・・。
大忙しな毎日です。
自分の睡眠時間、一日7時間確死守するのに必死です~。
こんなメンツで毎日暮らしております。

みなさんよろしくおねがいします




別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

わからんことだらけや・・・。
でも一応なんとかここまで出来た。
日記書きたいけど時間がなくなってしまったので
一回ドロンします。
かたじけない
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>