kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ナノパス33

インスリン針で今一番細いのが33G、ナノパス33。
昨日からけいもナノパス33で注射打ってます~。
液が体に入るまで少し時間がかかるため、今までの針でも出来るだけ長い時間針を刺したままでいられるように工夫してきた。
じっとしている事がイヤな猿だから声かけたり気を紛らわせたり、食べ物であやしたりと・・・。
でもね、何回かに一回はせっかく刺した針がスポンと抜けてしまう・・。
あ~あ、せっかく刺したのに・・。
痛点というのは皮膚と皮下脂肪の間にあるから刺してしまえば、注射針の長さぐらいのところは浅くても深くても痛さにかわりはない。
針を入れてからは、グッと握ってるとけいが動いた場合に針が曲がってしまったり抜けてしまいインスリンが漏れてしまうので軽く支える程度で持つ。するとけいの体が動いても注射器の方が体から離れずについていくかんじ。
それでも、手ではたかれるとなす術なしです・・・。
失敗した時の事を考えてインスリンを体に刺さないでピューと飛ばして3単位ならこれぐらいの量、5単位ならこれぐらいと実験もした。
インスリンって臭いがあってね。
みんなきっと知ってる臭いだと思うよ。
え~とね、昔の病院の臭いかな。
いい臭いでもないけど、イヤな臭いでもない。
私は毎回インスリンが漏れてないか、打ち終わったらけいの体をクンクンとにおってる・・・。
けいは大口あけて笑ってるけど(笑)
それでね、このナノパス33!
痛くないみたいよ!
ちょっと刺してみようか・・・・。
ちょっと待っててね・・・・。

20060407115457.jpg







・・・・・、痛い・・・。
なんで!!!
今まで使ってた31Gの方が痛くないよ~。
刺しどころが悪かったのかな?




・・・、ま、痛くない事にしておきましょ・・・。
この実験しなかった事にしておきましょ・・・。


と言うわけでこれからもけいちゃん!
生きていく為に注射頑張ろう♪
痛くないところに打つからね~

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>