kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

少し振り返ると・・。

けいと共に暮らし初めて10ヶ月にもうすぐなります。
まだ糖尿病と分かる以前でも突然泣き出したり自分の殻に引きこもってしまったりで、どうやって飼育していこう・・・。と不安だった。
自分の限界も感じた。
でも不思議と常に気持ちは前向きでこの子をどうにかしてあげないと、と思っていた。
兎に角3ヶ月、3ヶ月頑張ってみる!
これは私のモットーで、困難にぶつかると、とりあえず期間を決めて必死で頑張る(笑)
‘頑張る’を続けていくとなんとなく形になってくるみたいでその後良い結果になってくるようです。
でもね、今回は3ヶ月と言う設定期限を見てもわかるように自信がない、余裕がない、フサオマキザル武蔵を飼っていてもけいは全然違うのでわからない!
そんでもって、糖尿病発覚!!
火に油、弱り目に祟り目、2度あることは3度ある?、傷口に塩??、犬も歩けば棒に当たる???、猿も木から落ちる????
とだんだんとおかしくなってきましたが。
私、かなり凹みました。
が、
日に日に、けいは私達に馴染んでくれました。
そしてなによりここで生きていくんだと心に決めたように思えたのです。
けいが注射を受け入れてくれたことは奇跡です。
糖尿病と分かってインスリン治療に入るまで3ヶ月かかりました。
色々ありました。
辛いことや嬉しいこと、怒りや虚しさ。
全て感謝に変えて、今日も元気に生きる!!
けいが私達に教えてくれたメッセージだと思ってます。

ま~、本人は本能一筋で毎日ケージから出てきては部屋中を平気な顔して荒らしています・・・。
至って普通のフサオマキザルです

でもね、全てが解決してはいないんです
今でも急に泣き出したりもするし、適応能力が少しかけていたり、不安を異常に感じたりと色々症状は残っています。
けいの個性だと思ってその場その場で対処しています。
心の病には時間がかかります。
まだまだこれからが心のケアのはじまりなのかも知れません。




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>