kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ヤシの実を割るオマキザル

先日世紀の大発見との見出しの番組を放映していた。
野生のオマキザルが石を利用してヤシの実を割り生き延びているとの事。
オマキザルが生活している場所は今は乾燥地帯でほんの僅かな木の実とヤシの実を食べて生きている。
その場所は何世紀も前は豊かな食べ物があった湿地帯だったらしい。
でもオマキザルは他の場所に移ることなく乾燥し続ける場所に残った。
食べ物の豊かな場所は危険も多い。
だが乾燥地帯には食べ物は少ないが敵も少ない。
知恵をいかして生き延びている。

ヤシの実を上手に割るのには4年ほどかかるらしい。
みんな、小さい子もボスザルも一生懸命ヤシを割っている。
重たい石を抱えて歩いてヤシを割る所まで運んでいる。
とても力強い。
ここのオマキザルの先祖は贅沢な食べ物よりも子孫の繁栄を願ってこの場所に住み続ける事を選択したのだろう。
そこまで考えるのかな?
との疑問も残るけど、そこまで考えての事ならヤシの実を割る事よりすごいと思う。
まぁ、この答えはわからないけど。
私的には、湿地帯に行くのに遅れてしまい行きそびれてしまった。
最後まで残って木の実を食べてて気がつけば・・・・。(笑)
その方が人間くさい?(猿くさい)くって頷ける。
人間の歴史って後から思えばって事多いよね。
わざわいい転じて福となす・・・見たいな事。
逆境に立ち向かう力。
生きる術。
生きる事を諦めない生への執着。
動物ってすごい。

ちなみに、けいは自分では開けられない物なんかは旦那に持って行って開けろと訴えてる・・・。
ジュースのペットボトルを見つけて来てはお皿とジュースを持って旦那に開けてこの皿に入れろと訴えてる・・・。
これはペット猿の悲しいサガなのか・・・・(笑)



http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program034.html



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>