kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

仲間

淡路島モンキーセンターhttp://monkey-center.com/
でのニホンザルと女の子のお話。
ここの猿の世話をしている方の子供さんなんやけど。
めちゃめちゃ猿と仲がいい!!
ニホンザルやで!
体も大きいし、性格も凶暴性が高いと、私は認識しとります・・・。

この女の子が猿達に受け入れられたのは5歳の時で母ザルが生まれて一週間ほどの小猿を女の子に手渡したそうです。
それからは女の子は猿達と心が通じ合う仲間となりました。
と話はここからもいろいろと続くんですが。
私が食いついたのはこの仲間というところ。
ニホンザルってなつくと言うより主従関係でしか関係が成り立たないと思っていたから友達になるとか仲間になるとかは考えられなかった。
子供故の純真な心を読み取るのか・・・。
専門家、なんの専門家か知らんけど、野生動物とのこういう関係はありえない、奇跡に近いとコメントしていた。
私はそんなことないと思う。
ただ生まれたときから猿の中で生活している子はそんなにいないだろうし、まるっきりこの女の子と同じ環境を与えるとニホンザルと仲間になれる子はかなりいるだろう。
子供故なせる事ならば私のような随分長いこと大人をやってる人間は仲間にはなれないのかな?
旦那と猿達は完全に主従関係で成り立っている。
そこで、旦那より弱いと見られている私は舐められいるのかというとそうでもない。
今の私は猿達の飼育係のおばちゃんなので、どうにか‘純真ですので~”をキャッチフレーズとするので仲間に入れて欲しい。
ご飯を与えてくれる、寝床を作ってくれる、一緒に遊んでくれる。
母ザルのような仲間になりたい。
ペット猿(嫌な言葉だけど現実だよね)と人間の関係って難しい。
どれが正しい、間違い、っていうのはその人によって考え方が違うのでなんともいえない。
幸せを計る秤でもあればお猿達の幸せ度をうかがい知れるけどもそんなものもない。
最近旦那が良くけいに語りかけている言葉がある。
「けい、幸せか?」
ボソボソっと聞いてる・・・。
けいはなんと言ってるのかわからないけど返事しながら旦那の毛づくろいをしている。

幸せではない。
木を登る事もなく、大きな森や大きな空を見る事もなく、緑あふれる空気を胸いっぱいに吸い込むこともなく。

この世から旅立った時、天国にいるお母さん猿にいっぱい不満をぶちまけて欲しい。
辛かったよ。
痛かったよ。
寂しかったよ。
怖かったよ。と・・・。
生きてる時は少しもいい事なかったよと・・・。

でも少しだけ私達の事を憶えていて欲しい。
あんな仲間達もいたんだなと・・。












スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<実況中継 | kei | しっかりせんかい!>>

この記事のコメント

考えちゃうよね。。。
仲間ってさ、動物の世界でも人間の世界でも同じ感覚なんかな?人間やと、気の合うもの同士・・・とか、趣味が同じ・・とか、何か同じ思いをしてるもの同士が集まって仲間ってパターンが多いよね。どうなんだろう?
私もトムチョロにとっての仲間になれるんやろか?どう思ってるんやろ。
敵じゃないって思ってくれるだけでも私はいいよ。
同じペットでも犬と猿・・全然違う。猿はほんとに奥が深い。何が正解ってのもないだけに、色んな事を考えちゃう。でも私はこうやって同じように猿を飼ってる人の経験や飼育法を聞ける仲間がいる。聞いた通りの事が全部出来る訳じゃないし、その方法がトムチョロに合うかどうかを見極めながら、自分のやれる範囲の事はたくさんやってあげたい。
そんなこんなを繰り返しながら、どんな形でもいいからトムチョロの仲間に入れてほしいな。。

2006-05-31 Wed 14:54 | URL | とむゴン #-[ 内容変更] | top↑
どう思ってるんだろうか・・。
ただ始めは人間側からの一方通行の思いだけだけど、何年も一緒に暮らしていると変わってきて、またそれから何年も暮らしていると変わってきてを繰り返しどうなっていくかだろうね。
かわいそうだけど、飼われたお猿、動物たちに決定権はなく与えられることしか出来ずに、ほんの少しの自己主張で満足しなければいけない。
でも一緒に生きて行くことで何かを見出せるかもしれない。
昨日ね、
朝の注射の時にけいにとってはイヤな事なんだと思うんだけど、インスリンの注射器が入ってるキットを私に持ってきてくれたんだ。
多分インスリンの注射する時は好物をもらえるので、早く食べたいが為にサッサとせ~よとばかりに持ってきたんだろうけど。
私がこだわってるほどけいは注射の事はイヤではないんだなと感じた。
自分より大きな人間2人に囲まれてチクッと注射されんのに、この子はその状況をのりこえたんだなと思った。
ままじゃるがこれ読んだら「読みが深いねん!」と大笑いされるかもしれないけど(笑)
でも心を読んで、感じてあげたいんだ。
全てはわかってあげられないけど、大丈夫だよ、ここにいるからといつも後ろで見守ってあげてたいよね。
さぁ~ぁ!
自分のやれる事、頑張ってやっていこうね!!
今日も飼育係頑張ろう♪


2006-05-31 Wed 17:32 | URL | 由美ゴン #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
ウチはダンナと息子と私。。。あきらかに態度が違う!
私なんぞはぜったいにメスザルやと思われてる。
油断すると手や足にしがみついてマウンティング!!
しっかとしがみついて1~2時間放してくれへんもんねぇ~
ダンナは例の事件以来、ちょい格上の仲間!
息子がボスの座についてるよ。
ま~私のことメスや思うてくれるんはじーたろうぐらいやからいいけどね。
でも由美ゴンさんとこの子達、皆楽しいいい家やって思ってくれてるよ、きっと!!
心は伝わるもんです!
2006-06-01 Thu 23:16 | URL | にゃんた #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>