kei

けいは糖尿病治療中です。 体の痛みも心の痛みもわけあって一緒にがんばろうね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

許せない獣医

この世の中人間中心で動いているのが嫌と言うぐらい痛切に感じとられたこの数ヶ月・・・。
色々考えて出来るだけの事はしようと頑張った。
調べたり、本を読み漁り勉強したり・・・。
何かをしようとしたら、それは出来ないとずっと言われ続けた。
想像した通りの返答だったので、落胆はしたもののまた別の方法を考えようと自分で励ましながらなんとかやってきた。
医学のいの字も知らない私なので一を知るには十の勉強が必要だ。
それでもけいの為私達の為に調べ続けている。
限界と感じとらなければいけないのだろうか・・・。

昨日、とある動物病院のホームページに院長のブログらしきものがありそれを読んでいると、けいに受けさせたい検査が出来るらしい事が書いてあった。
尿検査で腎臓の機能を測る検査。
早速電話で聞いてみた。
猿と言っただけで怪訝な話し方をされるのは珍しくはない。
その動物病院も猿は診療しない事は知っていたので、診察ではない旨尿検査だけをして欲しい事を伝えた。
当然のように院長は電話には出てこないで看護士の受け答え。
猿はわからないので・・・・。
と濁している。
私は尿検査をして欲しかっただけなのだが、だめならだめでそれは仕方ないので諦めようと思っていた。
落胆する事に慣れているので断られてもどうってことはない。
すると、なんと・・・。
九州の方に送らなければいけないので・・・・、エキゾチックを診てくれる病院を紹介するとわけの分からない事を言い出した。
尿検査で、血液検査ではない事をもう一度確認するとあの検査は血液検査だと言い出した。
でもブログには血液検査ではない事、血液ではまだ分からない時でも尿検査では数値が出るので是非受けてくださいと書かれている。
・・・・。
完全に猿と言う事で逃げに入っている・・・。
別にいい・・・。
猿は診たくない、診れないが現状な動物病院ばかりだから・・・。
でも嘘はいけない!
病気を患っている動物に対して思いやりのかけらもないのか・・・。
私は情けなくなった・・・。
こんな獣医が動物の診療をしている。
しかもそのブログを読むと私はこんなにも頑張っています、と感じとれる内容のものが多い。
最新の記事は亡くなった犬の事を書いていて安らかに・・・、なんてコメントを載せている。
猿糖尿病と言う棘の道を進んでいる私は許せない・・・。
人間なら医者がいる。
犬猫には獣医がいる。
だが、猿には飼い主しかいない。
病気ではなく症状を診てとれる先生はいても、特異的な病気は治療できない。
またする必要もないのだろう。
猿の糖尿病など一生に何回も遭遇するわけではないのだから・・・。
でも獣医とはどんな動物にも思いやる心と命の尊厳はもって然りの職業ではないのか。
どんなに良い器械がある病院であろうが、どんなに良い技術を持った医者でであろうが、心がない医者は動物を触る資格さえないのではないだろうか。
人間には誰しも心で治療する事が出来る。
この医者は心の治療を怠っているのだろう。


にほんブログ村 その他ペットブログへ




スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が起きるのか・・・。 | kei | キラキラと輝く>>

この記事のコメント

由美ゴンの怒り!よくわかるよ!医者は病気を見ることも大事だけど病気の人の心をもっとみてほしい。
もっとわかってほしい。先生の言葉一つでよくもなったり、悪くもなることわかってほしい。確かにいそがしい、今までに経験がないからと逃げ腰になるのもわからないこともないが、病気のその子をなおしてあげたいっていう気持ちにならないモンなんだろうか・・。本当に動物が好きで獣医になったのかと聞きたいもんだ。なんか言いたいことがうまくいえなくてゴメン。
2006-08-12 Sat 17:39 | URL | キヨ #halAVcVc[ 内容変更] | top↑
<キヨちゃん

わかってくれたんだ~~~~?!
ありがとう。
病院の名前も公表したいよ!
獣医も色んな人がいるからね。
仕方ないのかね・・・。
私はこの事は忘れない。
獣医と言うよりも人間として困ってる人を騙すなんて許せない・・・・。
それがまかり通るわけない。

私もね、獣医ってほんとに志をもってなってる人って半分ぐらいしかいないんじゃないかと思う。
みんながもし志をもって獣医を目指してなったとしても年月がたつと忘れていくんだろうね・・・。

こんな獣医診てやると言われても絶対に診てもらわないけどね(笑)


2006-08-12 Sat 18:59 | URL | 由美ゴン #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
「獣医やめんでいいから人間やめーや!」と、言ってやりたい。
まっ、人間辞めたら自動的に獣医やめる事になるんやけどね。

ちなもね、昨日とある獣医に飽きれた。
飼ってる子猫が風邪らしき症状やったので、診てほしくて電話したら、
「今は、盆休みなんです。緊急を要する事や、患者さんが多ければ診ますけど・・・。」
との返答。
盆休みなら電話出んでいいやん!とか、緊急って飼い主にとったら何でも緊急やねん!とか、子猫の風邪って生死に関わるやん!とか、いろいろ思いましたよ。
で、お猿診てくれてる病院に電話したら
「早めに連れてきてください!」って事やったんで、明日連れて行ってきます。

・・・。
すみません。ちながグチってしまいました。
2006-08-13 Sun 22:18 | URL | ちな #-[ 内容変更] | top↑
<ちなちゃん

まいどまいど~。
ほんとあきれるよね~。
動物の命を扱っていることになれすぎてるんかね?
私もね、ちょっと色々思う事あってちなちゃんが行ってる病院に電話してん。
そしたらね、通ってもいない病院なのに親切に色々と教えてくれたよ。
先生が調べてくれるようで返事まちなのよ。
私電話だけでここまで親切に教えてくれたり相談に乗ってくれた病院は始めてだった。
少し感動ものだった・・・。
こちなちゃんの主治医の先生ではなかったけどね。
落ち込んだり、喜んだりの日々だけどね、くじけず頑張ろうってまたまた元気を取り戻したのでした♪
ちなちゃんちの子猫ちゃんもお大事ね。
がんばれ~!
2006-08-14 Mon 00:04 | URL | 由美ゴン #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
腕が良いのと知識があるのもいいけど、やっぱ物言えん動物の気持ち分かってくれる先生がいいですよね!
ちなも、M先生にはほんとお世話になってます。
何かあっても、電話で対応聞いて緊急なのかどーか判断してくれたり、薬だけ送ってくれたりするんで助かってます。
病院まで、時間掛かるからその辺も考慮してくださって診察受付時間すぎてもちゃんと待ってくれてるんですよ。
この病院に、先生に出会えてよかったと思います。
今日、病院行ってきたから聞いとけばよかったね。
気付かずすみません。

子猫は、やっぱ風邪で慢性化してるかも・・・って。
薬処方してもらったので、ちょっとずつ治していきます。
2006-08-14 Mon 20:06 | URL | ちな #-[ 内容変更] | top↑
<ちなちゃん

子猫ちゃん、大丈夫?!
心配・・・。
頑張ってとしか言えずもどかしいけど、頑張ってね。

2006-08-16 Wed 10:28 | URL | 由美ゴン #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
我が家もたくさんのおサルがいるので
それなりに今まで沢山の獣医さんに
診てもらったりした事もありました。

やっぱり“猿”というだけで門前払いはほとんどです。
わずかながら診てくれる獣医さんでも
満足のいく扱いや治療のできる獣医さんは
ほとんどいませんでした。

偏見かもしれませんが
本とかプログ公開とかテレビ出演とかしている獣医さんっていろいろ正義感あふれる事をアピールしているように感じられますが現実は犬猫やメジャーなエキゾチックアニマルの患者を集める為の宣伝でしかないな~と悲しく思っていました。

自分は病を患っていて今までたくさんの人間の
医者とも出会ってきました。
獣医でも人間の医者でも大切なのは
患者の気持ち、患者の立場にどれだけなって
考えられるか?だと思っています。
そうできる医者はたいてい、知識も技術も
ちゃんと持ち合わせていたりします。
獣医にしろ人間の医者にしろ“医師”という
職業を選んだからには、患者の事を
第一に考えられる医師であってほしいものです。
まぁ、患者側のわがままかもしれませんが。。。

ホント、おサルたちには飼い主しかいないのでしょうと思ってしまいます。

せめて、同じおサルを飼っている者どうし
必要なときは助け合っていかれたらいいな~
って思います。
2006-08-21 Mon 06:27 | URL | ひでのり #-[ 内容変更] | top↑
<ひでのりさん

お久しぶりです。
今回の獣医の事はとても腹がたちました。
もっとも信頼されるべき立場の人間なのに見え透いた対応・・・。
でも時間が経つにつれて獣医と言うより人間として哀れにさえ思えてきました。
せめて猿はお断りしていますと一言言えば済むものを・・・(笑)
この出来事の後に関西では有名な動物病院に相談をしました。
ここの先生は電話で話しただけなのにとても良くしていただきました。
感謝しています。
動物医療の限界をしりました。
でも、今までの私のやってきたことは決して無駄ではないと思っています。
我武者羅に、必死でここまでやってきました。
同じ病気に人たちにとても親切にして頂きました。
けいを飼育して一年、糖尿病を治療し始めて一年がもうすぐ経ちます。
私なりに、猿糖尿病についてひとつの区切りがつきました。
けいはこれからどれだけ生きる事ができるのかは分かりませんがお猿達と私達家族で前向きに生活していこうと思っています。

<せめて、同じおサルを飼っている者どうし
必要なときは助け合っていかれたらいいな~
って思います。

ひでのりさんに同感です。
猿を飼育している飼い主さんに、もしもどんなに大変な病気で困ったとしても何か方法はあるし一緒に頑張ろうと言う気持ちでいっぱいです。
私がブログを書き始めた理由の一つでもあります。
横のつながりは大切です!!

と言うことでひでのりさんこれからもよろしくお願いしますね!

2006-08-22 Tue 18:57 | URL | 由美ゴン #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| kei |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>>